【作例あり】”XF35mmF1.4R”レビュー3年間使った感想。

XF35mmF1.4R一番使いやすくて大好きなレンズ。

お仕事でもこのレンズが一番活躍してます。とにかく好きな距離感で撮影できてボケもキレイ!でも気になるところも少しある・・・。僕はこのレンズを使ってから単焦点大好きになりました。ピントが来ているところはカリッと、ボケはふんわりで最高の一本です。少し作例を入れてます。

sponsored

仕様

焦点距離 35mm (フルサイズ換算53mm)

最大口径 F1.4 最小 F16

質量 187g

撮影距離範囲 28cm~

外観

角形のフードにFUJIFILMの文字、絞りリングにはF値。真っ黒なメタルボディに優越感。使い込むと塗装が剥がれて下地のシルバーが見えて来る・・・それがまた渋い!自分のはレンズフードの端のほうが下地が見えて来てます。ゆっくり育てていきたい。

履きこまれたデニムのように自分のものになっていくんです!

XF18mmF2Rと同じで樹脂製のレンズキャップが付属して来ます。FUJIFILMの文字がまたいい感じです。軽く引っ張ると外れるので紛失注意です。気づいたらなくなってる!なんてこともあるかも・・・自分は今の所ないので気をつけて入れば大丈夫かと!

使っていて思ったこと

XF18mmF2R同様AF時のカリカリ音が気になる所。

晴天時の木陰での人物撮影で緑かぶりが他のレンズにくらべてかなり気になる・・・

AFが早くボケがキレイ!撮影していて幸せになれる。色も本当にキレイに拾ってくれます。屋外であまり順光で人物撮影することはないんですがこのレンズで順光、開放で撮影すると他のメーカーにはない懐かしい雰囲気の写真が撮れます。

明るいレンズなのに軽い!187gでX-Pro2(495g)につけても682g!本当に軽い。そのため自分の足で動いて写真を撮るということに億劫にならず足取りが軽い。軽い分いろんな写真が撮れるんだなと。歩いてみようかなと。

撮影距離範囲が28cm~ってことで思ったよりも寄って撮れます。花もグイッと寄って背景ぼかして撮りたいですよね。当たり前のように寄ってましたがカメラマン仲間に言われて気づいた笑

風景の撮影には使いにくいが、散歩しながらスナップ写真や記録などスッと出してパシャっと撮りたい場面で活躍するレンズです!

最近撮った写真

F1.4

この日は曇り落ちた花びらを思いっきりボカして

F1.4

さいごに

今回はXF35mmF1.4Rの紹介でした。今後もどんどん作例アップしていきます!

このレンズには富士フイルムのいいところがいっぱい詰まってます!最初に買って正解だったなと本当に思います。このレンズは本当にオススメ。旅のお共にしたい・・・

タイトルとURLをコピーしました