sponsored

【作例あり】XF50-140mmF2.8R LM OIS WRレビュー

とうとう買ってしまいました。富士フイルム望遠ズームレンズ。

XF50-140mmF2.8R LM OIS WRが揃ったことで広角、標準、望遠のレッドバッジレンズが揃いました!

正直言うとズームレンズは「仕事用レンズ」というイメージですが望遠ズームレンズは久々に触るのでなかなかテンション上がりました!

ボケやオートフォーカスの速さなどなかなかなものです。

sponsored

仕様、スペック

XF50-140mmF2.8R LM OIS WR

焦点距離 50-140mm (フルサイズ換算76-213mm相当)

フィルターサイズ 72mm

口径・F値 F2.8-F22

質量 995g

撮影距離範囲 1m~∞

5.0段 手ぶれ補正

防塵防滴

-10℃耐低温構造

外観

片手で手を伸ばして持つとプルプルしました笑

重さ995gということでなかなかですがカメラに付けて肩にかけているとそうでもない感じがします。

というか見た目よりもそう重くないです。

レッドバッジがキラリ。

OIS手ぶれ補正ON/OFFの切り替えが可能

大三元レンズというやつでしょうか。これで3本揃いました。仕事によって使い分けたいと思います!

ブライダルの前撮りではとても心強いレンズです。

でも今まで使っていたXF90mmF2のレンズの出番が減りそう・・・

レンズフードはFUJIFILMの文字入り。マットな質感。

ここのキャップが外れるみたいですがなぜ・・・と思って調べてみたら。

PLフィルターの操作窓とのこと!OPENのキャップを矢印方向にスライドさせると外せるようになっていてそこからPLフィルターを操作するみたいです。

レンズキャップは他のズームレンズと同じデザイン。

持ってみると意外と小さい印象、撮影のレンズ選びが楽しくなる!

上のネジを緩めると台座を回転できます。

ネジを2つ緩めると台座を外すことができます。

ネジ穴丸出しです。

ネジは台座から外れないようになっています。

台座を外した状態の全体の感じ。

X-T4に装着、ボディのサイズ感にあった望遠ズームという感じ。この感じ久しぶりなので仕事での出番が楽しみ。

作例

50mm側

こちらは140mm側。どちらもかなりくっきり。

50mm側

140mm側。

さぁ!どんどん撮って行きます!

くっきり。

緑の色の出方も好きな感じです。色味はXF16-55mmF2.8同様好きな雰囲気。

テレ端が140mmなのもありボケの大きさは控えめ。

ズームレンズ楽だな・・・。また太りそうだ・・・。

水平取れてない・・・すいません。

テレ端(望遠側)で遠くにピントを合わせるとかなりもやっとした写真に・・・。少し絞って撮るといいのかもしれません。

よかった点

・想像よりも軽い。

・流石のAFの速さ、LM(リニアモーター搭載)なだけあってスッとピントが合います。

・望遠ズームには嬉しい手ぶれ補正付き。X-T2も使用しているのでいざという時に役に立ちそう。

・やっぱりズームレンズって便利。

・見た目が一気にプロっぽい

気になった点

・テレ端(望遠側)で遠くのものにピントを合わせるともやっとした描写になる。

・ズームに頼りすぎると足を使わなくなる。

sponsored

さいごに

とうとうレッドバッジズームレンズが揃いました。

かっこいいぞ!笑

でも個人的にはズームレンズは仕事用の感覚なので単焦点レンズほどのワクワクはないですが。久々の望遠ズームレンズは早くお仕事に使いたくて仕方ありません!

撮影ジャンルでレンズの構成考えるのが楽しみです!

XF8-16mmF2.8R LM WRレビュー

XF16-55mmF2.8R LM WRレビュー

タイトルとURLをコピーしました