sponsored

【レビュー】Profoto Clicグリッド&ジェルキットレビュー

以前から買うかどうか迷っていたグリッド&ジェルキット。

ProfotoのA1,A1X,A10の取り付けに対応したグリッドとカラーフィルターのキットです。

マグネット式でワンタッチで着脱が可能です。マグネット式なので重ねて使用することも可能です!

sponsored

Clicグリッド&ジェルキット開封

Profotoの箱って高級感があって好きです。

買った時のワクワク感が増します!

全部重なった状態で届きます。

左からグリッド、オレンジフィルター、濃オレンジフィルター

これでまた表現の幅が広がり、ストロボ光を屋内の電球の光に合わせることができます。

A1Xの発光部に取り付けます。

取り付けは簡単でフィルターを近づけるとマグネットでピタッとくっつきます!

A1Xに付属しているドームディフューザーよりも磁力が強く簡単に外れる心配はなさそうです。

カラーフィルターを2枚重ね。

色が濃い!

さらにグリッドも!

こうなると結構重いです。

流石に3枚重ねるとかなりゴツい・・・笑

A1Xだけでも純正のクリップオンストロボに比べると重いのですがフィルターを付けるとさらに重い。

A1X グリッド有無比較

色温度は5000Kで撮影

グリッド無し 照射角広

グリッド有り 照射角広

グリッド無し 照射角広

グリッド有り 照射角広

グリッドをつけることでで光がまとまります!

そのかわり光量もかなり落ちます。

次は照射角を狭くした状態での比較。

グリッド無し 照射角狭

グリッド有り 照射角狭

グリッド無し 照射角狭

グリッド有り 照射角狭

照射角が広い状態と狭い状態で見比べると狭い方が光の形がハッキリしているのがわかります。

A1X ジェル(カラーフィルター)比較

色温度は5000Kで撮影

まずはノーマルのオレンジフィルター。

光に赤みがかかっています。

次は濃い方のオレンジフィルター。

赤みが強く若干光量も落ちているような。

ジェルキットのオレンジフィルター二枚重ね。

もうかなり赤い!

さらにグリッドも装着。

光量もかなり落ちているかわりに照らしたいところのみに光が当てることができます。

Clicグリッド&ジェルキット感想

今回買ってみて仕事上出番は少ないかもしれませんがないと困る場面も出てくるので活躍の場がかなり出てくると思います。

カラーフィルターで色をその場に合う光を作り

グリッドで光の拡散を防ぎます。

使いこなせるよう頑張っていきます!

タイトルとURLをコピーしました