sponsored

【レビュー】ドローンDJI Air2Sで空撮を楽しむ

とうとうドローンにまで手を出しました!

今回購入したのはDJIのAir 2Sというドローン

DJIのドローンは最低限飛行できる単体キットと

予備バッテリーやプロペラ、NDフィルターや1年間の保証などついたFlyMoreCombo

があります。

購入したのは後者、FlyMoreComboです!

作例は1枚のみですが許してください・・・

飛ばすのに精一杯で撮る余裕がなかった・・・

作例増やしていく予定です!

sponsored

DJIとは

DJIとは2006年に設立された中国の企業です。

ドローンや撮影周辺機器などを取り扱っている会社で、

ジンバルやウェアラブルカメラなど高性能な機材を取り扱っています。

作例1枚!

オートで撮って出し。

こんな上空から撮影できるんです。

電柱の高さはあっという間に超えます。

しっかりと水平が取れていて風が吹いていたんですが機体が流されることはありませんでした。

最初の離陸はとっても緊張しましたが10分も飛ばしていると段々と慣れてきます。

8の字に飛ばしたりすぐにできるようになりました!

ただバッテリーは20分~30分で切れますので墜落に注意です。

動画は5.4Kや4Kも撮影できる素晴らしい性能

DJI Air2S FlyMoreCombo同梱物

DJI Air2S FlyMoreComboは充実のセット内容

バッテリー×3、NDフィルター4種、プロペラ6組、専用ショルダーバック、保証プランDJI Care Refresh(1年版)が大きなところ。

単体キットにはバッテリーが1つとプロペラ3組と少し心細いです。

また、NDフィルターやショルダーバック、保証プランもついてません。

仕事や趣味でガッツリと楽しみたい方はFlyMoreComboをお勧めします!

金額は3万ほど高くなりますが、それ以上にお得なセットになってます。

まずは開けてみます!

プロペラを取り付けた状態。

かっこいいぞ・・・!

初めて飛ばすの緊張したけど楽しかったな

予備バッテリー、プロペラ、NDフィルターです。

NDフィルターの箱の内側が高級感溢れてます。

カメラレンズの枠をコリっと左に回すと外れます。

その容量でつければOKです。

説明書、保証書。

コントローラーのスティックも予備がついてます!

スマホがモニターがわりになります。

バッテリーの寿命とか色々心配・・・

別売りでモニター付きのコントローラが販売されてますがそれが高い・・・

コントローラとスマホを繋げるケーブルは3種類用意されてます。

コントローラ下側にスティックの収納と充電の差込口があります。

専用ショルダーバック。

結構使いやすいです。

ドローンとバッテリー2個、コントローラ、プロペラなど飛行するのに必要なものは大体入ります!

充電器もかなり欲張りな作りになっています。

一つの充電器でバッテリー3個とコントローラを同時に充電できます。

差し替えなしで充電できるのは嬉しいです。

この状態で寝てる間に全部満充電!

これは何かと思いましたら・・・

バッテリーから電気を供給できるんです!

DJI製品は気が利いてて素晴らしいなと感心しました。

sponsored

SDカードはどれがいい?

DJI推奨のmicroSDカードはいくつかあるのですが自分が購入したのはこちら。

SanDisk Extreme PRO 64GB V30 A2 microSDXC

を2枚購入しました!

もし、SDカードが故障した場合などを考えると複数枚購入するのが無難です。

また、UHS-Iスピードクラス3のmicroSDが推奨されています。

故障してコンビニなどで気軽に買えるようなものではないので事前に予備を持っておいた方が良さそう。

飛ばしていて思ったこと

最初に飛ばすのがかなり緊張したが慣れるのにはそう時間はかかりませんでした!

ひとつバッテリーを使い果たすまでには割と飛行を楽しめるようになってました!

まずは周りに人がいないことや安全確認は絶対にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました