【作例有り】”XF35mmF1.4 R”レビュー神レンズである事を再確認する

フジノンレンズで1番最初に手に入れたレンズXF35mmF1.4 R。他のフジノンレンズを使ってまたこのレンズに戻ってくるとやっぱりキレイに写してくれるレンズだな!と感じます。スナップには少し画角が狭いけど歩きながら目についたものを撮影するにはすごくちょうどいいレンズ!柔らかいボケと色の拾い方がすごくいい・・・。それに価格もそこまで高くない。まさに神レンズ。

カメラはX-Pro2フィルムシミュレーションはPROVIA。行き先でレンズを考えて出かけるのって幸せですね・・・

sponsored

作例

花が咲いていると撮っちゃいます。少しの風で花が揺れてピントが外れる・・・。F1.4って本当にふわふわに仕上がります。なので寄りでしっかり撮りたい時は絞った方がいいです!

F11まで絞りました。かなりカリカリになります!木漏れ日にハマってます。緑も色再現がすごいです。広い場所ならスナップでも使いやすい。

ピントはビシッときてくれて、なん度も言いますが緑がキレイです。この空気感もすごく好き。たまにCanonと同じ色味だねって言われますが自分的には全然違う気が・・・。同じスタジオのCanonで撮った写真を見せてもらうんですが自分にはどこが一緒なのかよくわからんですたい!見方やどこを見てるかが違うんでしょうか。

太陽の下で撮るとなんとも言えない懐かしい感じに撮れるこのレンズ。自分の思う神レンズはこういうところ。背景がフワッフワにボケたりピントがバシッとくるのも大事だけど写り方もすごく大事です。しかもお値段56000円ほどで手に入る。

春ですね!花も離れて撮影すれば解放でもカリッと写ってくれますしホワンととろけるようなボケが気持ちいいです。

うどん屋さんに入りましたが誰もいません。

最後は飯テロ。肉厚でおいしいカツ丼だった・・・。テーブルに座って料理を撮ると丼ひとつくらいしか入りません。あとは小鉢とうどんがありました。立ち上がって撮るか自分が動くかお皿を動かすか・・・観光で料理を撮るには画角が狭い。そんなことをして出来立てのおいしい食べ物が冷めるのは嫌だ!35m(フルサイズで約50mm)だと思ったより近いんです。

さいごに

太陽の下で撮影した時のなんとも言えないノスタルジックな雰囲気とキレイなボケ、絞ればハッキリクッキリと写してくれる憎いやつです。でも結局解放でバシバシ撮りたくなります!値段や写り、見た目とサイズ感、撮っている時の幸せ感と独特の雰囲気、神レンズにふさわしいと思います。このレンズを購入してよかったなと使う度に思わせてくれるレンズです!お仕事でも活躍してます。

お気に入りの1本。これからも使い続けていきたいレンズです。

XF35mmF1.4 Rレビューその3

XF35mmF1.4Rレビューその1

XF18mmF2 Rレビュー

XF23mmF2 R WRレビュー

XF90mmF2 R LM WRレビュー

タイトルとURLをコピーしました